メルカリを販路としてビジネスをやって継続的に稼いでいけるでしょうか

 

メルカリは生まれてまだここ5年位のプラットフォームです。

販路として10年先は保証できませんが、最低数年先まではかなり売れる場所となりそうです。

 

今よく売れる販路として利用してこの先にまた現れるであろうプラットファームへとシフトしていくことで稼ぎつづけていけそうです。

では、メルカリを使った転売ビジネスモデルの長所・短所を見ていきましょう。

 

販路としてのメルカリのメリット・デメリット

 

メルカリは元々個人売買の場をスマホアプリで提供するをモットーとしてます。

なのでメルカリ事務局は業者の介入を心良く思ってません。

 

メルカリでビジネスを続けていていきたければ業者臭を出さないことが必須となってきます。

 

売上をガンガン上げるとアカウントが危ない。

これがメルカリ最大のデメリットとなります。

 

だけど売上を分散するとかの工夫でアカウントのリスクを下げることができます。

 

そして楽天市場に代表されるような業者臭をガンガン出せる販路と比べると

あまり強いセラーがいない

 

のがメルカリの最大のメリットとなります。

 

ただ楽天・Amazonの市場規模よりかなり小さいです。

 

ようするに同じ商品を販売してみても売れる個数は何分の一となります。

 

この小さい市場をメルカリの出品者同士で奪い合っても売上はあがりません。

そこで商品の見せ方で差別化をしていく必要があります。

 

差別化のポイント 画像の見せ方を変える!

 

型番などない商品の場合、

 

例えば洋服なんかを想像して見てください。

 

ほとんどの方は商品の写真を見て同じ商品かを判断すると思います。

なのでネットで使い回しされている画像は使わない。

 

これが鉄則になります。

 

ようするに

・写真を自撮りするなり
・アプリで写真を加工するなり

して見せ方を変えてしまいます。

 

こうすれば、お客さんからみたらオリジナル商品を取り扱ってるように見える訳です。

 

この画像の見せ方を変えるの効果は

他のライバルが同じ商品を仕入れにくくなる

ってのが最大のメリットとなってます。

 

ニッチな市場を狙うのがビジネスの鉄則!

 

ライバルの強いところ、

楽天なんかは資金も潤沢に使えるパワーセラーと戦わなければいけません。

 

ですがメルカリにはそこまでの強いライバルはいません。

 

ビジネスの原則でニッチな市場を狙うってのがあります。

 

ようするに自分が割り込める市場を見つける必要があります。

メルカリの強いセラーがあまりいない特徴を取り入れてビジネスをするとまだまだかなり稼げるはずです。

 

僕の知り合いでうまく外注さんを使って

メルカリで数百万の利益をあげてる人を知ってます。

 

一工夫は必要ですがまだまだ稼げる販路であるのは間違いないです。

**********************************


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓


人気ブログランキング


**********************************