リサーチってみんなどうやってるんでしょう。
と思ったことってありますよね。

私の知ってる限り
プラットホームでのキーワードリサーチと
ライバルの商品を芋づる式にたどるライバルリサーチの
2つが主流のようです。

まずキーワードリサーチです。
Amazonの検索窓に輸入と打ち込みます。

Amazonのカタログでは原則、輸入品はタイトルに
並行輸入品を表示する必要があるためです。

出て来た商品を売れている人気順すなわち、
おすすめ順で並び替えます。

あとは価格等でしぼって片端から
価格差と需要供給を見ていきます。

需要とは月に幾つ売れるかということで、
供給はライバルの現在の数と商品が売り切れるまで
増えるであろう人数のことです。

そして価格差は最低粗利で2割以上と設定して置きます。
これなら商品を売り切るまで少し値下がりしますので、
最終的な粗利は一割五分位になると思います。

一つ輸入品で儲かる商品が見つかると
その商品を販売している出品者をマークしてください。

そしてその出品者の販売している商品を片っ端から
リサーチをかけてください。

芋づる式に儲かる商品が見つかるはずです。

最近は効率よくセラーの出品データを抽出できるツールが
ありますので積極的に使った方が楽ですね。

私が普段使ってるツールを紹介して置きます。
・・・・です。

ツールの利用は最初費用がかかるので躊躇しそうですが
これは絶対元が取れますので導入した方がいいです。

私は更に効率良くリサーチするためにセンスのいいセラーを
ツールに登録しておいて、そのセラーが仕入れた商品だけを
リサーチしてます。
これが今のところ最高に効率いいです。

私のリサーチを一度試してください。
ご感想をお待ちしております。

**********************************


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓


人気ブログランキング


**********************************